スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
締切りとの戦い
締切りとの戦い、これは建築家に関わらず、みんなそうですよね。
今日は新潟のプロジェクトの模型のイメージだけです。すいません。
明日と明後日は、ブログお休みです。
月曜日は新潟でプレゼンテーション。どうなることやら。

Meeting a deadline is essential for all the professional people.
We have a few images to show you today. Sorry about that...
We won't update this blog for next two days.
We are having first presentation for Nigata's project on this coming Monday.
Let's see how it goes.

090619_002.jpg

090619_003.jpg

090619_001.jpg


スポンサーサイト
スレッドテーマ [ 学問・文化・芸術 … 建築デザイン ]
06/20 03:06 | 告知 | CM:3 | TB:1
今回のプロジェクトのこだわりポイント2の説明
今日は店舗入り口周りについてお話します。
この店舗は約25平米。すごく狭いです。
その狭さを感じさせない工夫を、入り口の導入部分で設計しています。
基本的な考え方は、一旦天井の低い空間を通ると、その後に続く空間を広く感じる、という人間の感覚の錯覚を利用しています。
具体的に、ここでは、二重天井を設け、天井高を2mまで落として、店舗に入ると、2.4mになるようにしています。

Today I will talk about the design of the shop entry.
The floor area of the shop is around 25 square meter. It is very small.
In order to avoid the sense of tightness in space, we designed the process of entry based on the sensory illusion that, once you pass a very small space, the following space in the sequence of progression will feel bigger than it really is.
In relating to the shop, at the entry we installed 2 layers of ceiling to drop the ceiling height to 2 meters, and once people enter the shop the ceiling height raised to 2.4 meters.

090618_002.jpg


さらに、その二重天井を箱として認識し、外部から入ってきた壁とは縁を切る、ことで、この導入部分と、昨日お話した外部と内部の連続性の壁とは役割が違うんだよ、という事を視覚的にも整合性をはかろうとしています。
そのための工夫として、外部からの入ってきた壁、真ん中の壁、箱の壁、と箱の右側の壁は3枚の板で構成されています。一番右の壁は、外部から入ってきているため、外部の色を塗装し、真ん中は、板の厚みの30mmをセットバックさせ、一番左側の壁は、その箱のその他の部分と同じ仕上げをすることで、より役割の違いを強調しているわけです。

On top of that, the 2 layers of ceiling together with its enclosing walls are expressed as a box, breaks its connection with the wall which continues from the outside to the inside. By doing so we visually recognised the different roles of the entry in directing people into the shop,and the wall which communicates between inside and outside.
In order to achieve this effect, the wall continues between outside and inside, the wall in the middle, and the wall to the entry box, are composed of 3 layers of timber boards. The right-most panel was painted to match the external wall to continue the plane from outside to inside, the middle panel is setback 30mm which is the thickness of the timber board, the left-most panel was finished the same way as the rest of the entry box to emphasis further the difference in their roles.

090618_001.jpg


三枚の壁のディテール。
何気ないですが、よく見ていただくと、結構細部にまで論理性をカタチと整合性をはかるため、凝った事をしています。見た目はなんて事ないんですげどね…。これって建築家の独りよがりでしょうか?

明日はこの三枚の壁にまつわるおさらいをします。

The detail of the 3-board wall.
Although it may be easily missed, if you look closely, this wall was detailed with logic and vision of the shop. Although it may look quite simple... Is this passion of the architects comprehensible to people of different profession?

Tomorrow I will summarise about this 3-board wall.

090618_004.jpg


090618_003.jpg


今日は新潟のプロジェクトの模型づくり。
数週間前と比べると、だいぶ案は変更されています。
また後日ご説明します。

Today we have been making model for the project in Niigata.
Comparing to a few weeks ago, the design proposal has changed quite dramatically.
I will explain at a later date.

スレッドテーマ [ 学問・文化・芸術 … 建築デザイン ]
06/19 02:03 | おさらい | CM:0 | TB:1
今回のプロジェクトのこだわりポイント1の説明
今日は昨日に続いて、おさらいポイント1の建築的な説明です。

昨日ショーウィンドーを情報を発信する場として考えていた、と話しました。
そこで、内部の様子をどうやって、外部に伝えるか、ということが建築的に主題になりました。「内部と外部の連続性」というテーマです。比較的、建築界ではよく扱われるテーマですが、ここでは、もっと直感的に表現することにしました。

Today we continue on the summary, following yesterday's architectural explanation.

We spoke about design consideration from the view point of treating the show window as the point to communicate information for the shop.
From there, we cut into the architectural theme of "how to communicate the interior to the outside world". This is a theme relatively common in the world of architecture, but here we decided to express this in a more direct language.

090616_006.jpg


090616_007.jpg


つまり、内部の壁がそのまま外部につながってきて、その間にガラス一枚だけで境界を隔てることで、視覚的な連続性を確保したわけです。そうすると、内部からは、外に情報を吐き出しているように見え、外からは情報を取り込んでいるような印象を与え、名実的にも、ショーウィンドーが外と内とのメディアになっています。実際、通りがかりの人が、このショーウィンドーに吸い込まれるように、近づいてくる人を何人もみました。ここは当初の計画にはなかったのですが、この重要性を表現するために、クライアントを説得して、予算を増やしていもらいました。

What I meant was, we continued the internal wall directly to the external at the show window, and differentiate the inside and outside with merely a piece of glass. This way we ascertained the visual continuity between the inside and the outside. By doing so, it looks as though the inside is stretching out to communicate with the outside, and drawing in information from the outside - the show window becomes the medium between the inside and outside in its very basic form. In reality, a lot of people passing by walked up to the show window as though they were sucked in by some unknown attraction. This area was not in the original design budget, but in order to stress its importance, we convinced the client and increased the budget.

090616_002.jpg


もともとはこんな感じ。
外壁に新しいデザインが現れないと、店としての顔は立ち上がってこないですよね?
隣が墓屋なので、そことの差別化をする意味もありました。

This is how the external was in its original state.
Don't you agree, if we didn't do something to the external wall, the face of the shop would be somehow indistinguishable?
Because the neighbouring shop is a shop selling tomb stones, it also means a lot to different our shop's identity.

090616_008.jpg


余談ですが、今日一部外溝工事が終わりました。
花が植えられることで、殺風景だった様子に、生命が宿ったような気がします。
ちなみに、植物はコリウス。
色が渋いです。

明日は、玄関周りの建築的な説明です。

In addition, the landscaping was partially finished today.
Simply by adding plants to the outside, the somehow stoic appearance of the shop was refreshed with a sense of liveliness.
By the way the plant we selected is coleus.
It comes in many low-key colours.

Tomorrow I will go on to explaining the architectural approach to the entry.
スレッドテーマ [ 学問・文化・芸術 … 建築デザイン ]
06/18 01:48 | おさらい | CM:0 | TB:1
今回のプロジェクトのこだわりポイント1
今回のプロジェクトのこだわりポイントをおさらいします。
初の試みで上手く説明できるかどうかわかりませんが、第一回目の今日は、店の顔である「ショーウィンドー」と「入り口」です。
まずは工事に入る前の状態を見てください。

Let me summarise the points we care for this project.
I am not sure if I can explain well for the first time, but for today, let us begin with the face of the shop: "show window" and "entry".
Firstly, please take a look at the condition before beginning of construction.

090616_001.jpg


以前は、通りから直接入れるようになっていました。
なぜか、横からも入れるようにもなっていました。

Previously, people can enter directly from the street front.
For some reason, people can also enter from the side of the shop.

090608_019.jpg


090616_005.jpg


当然、通りから入るのが店舗としては常識です。
ただし、今回のお店の形態はアンティークショップ。
さらに、お店を開店させるのが週3日。
ある程度、目的意識が高い人が顧客層の中心を担う事が想像されます。
しかも一週間のうち、店が閉まっている方が長い。
そこで、通りに面した入り口をショーウィンドーにして、そこを展示スペースにした方が、店が閉まっている間、通りを歩く人々にアピールできるのではないだろうか、と考えた訳です。入り口のわかりやすさより、情報を発信するスペースを確保する方を優先させました。一人でも興味を持つ人を増やす方が、お店の将来のビジネスチャンスにはつながるはずです。

Of course it is common sense to enter a shop from the street front.
However, this time the shop type is "antique store".
On top of that, the shop is only open 3 days a week.
To a certain degree we can expect that the shop is targeting at a market with high level of purpose-orientation.
And the time for the shop to be closed is more than it is opened during the span of one week.
From there we considered transforming the entry from the street front to a show window, and by using the show window as display space the shop can still communicate with people passing by even when it is closed.
Rather than the ease of understanding the point of entry, we prioritised the space for communicating information. We believe by increasing the amount of people interested in the shop it is connected to the future business of the shop.

私たちは建築家ですが、店舗設計等収益が求められる場合は、デザインもその観点の範疇で表現する必要があります。デザインが一人歩きしても駄目なわけだし、あまりにも商業主義に傾いてもいけないわけであります。その辺のバランスが一番難しいのかもしれません。意味のあるデザイン。クライアントのビジネスモデルに応えるデザイン。こんなことを念頭にこのショーウィンドーは設計したわけです。

Although we are architects, it is necessary for us to see from the view point of the shop operation and profit if we are required to do so. We can not just consider "design" and nothing else, on the same token it is not right for us to lean too much towards consumerism. The balance in this sense in probably the hardest of all - "meaningful design". The design that reflects the client's business model. Keeping that in mind, we have designed the show window this way.

明日は、この辺のところをもう少し、建築的にどう表現したかをお伝えしたいと思います。

Tomorrow, hopefully I can expand a bit more on this topic, in terms of how we express the design in architectural terms.

余談ですが、新潟のプロジェクト、今週日曜日プレゼンですが、変更する事にしました。
コンセプトと表現がまだ完全に一致していないからです。
この日程での変更はきついですが、やれるだけやるしかない、っといった感じです。

This is probably on the side, but although we are presenting to the client this Sunday for the project in Niigata, we decided on some last minute changes.
This is the result of the architectural expression is not reflecting the concept.
To make changes when we are so short of time would be really difficult, but I guess we can only do what we can do.

090616_003.jpg


机の上は思考の変遷が…。
後日お伝えします。

All the changed thoughts left around on the desk....
I will explain at a later date.
スレッドテーマ [ 学問・文化・芸術 … 建築デザイン ]
06/17 02:01 | おさらい | CM:0 | TB:1
サイン工事
現場もいよいよ最終日を迎えました。
梅雨入り後も雨が少なく、今日も最終のペンキ塗り。
さらにペンキ塗り終了後、サイン工事の段取りも順調に進みました。
ひとまず肩の荷が降りた一日でした。

At last we have come to the last day of this project.
Even after we officially entered the raining season there was not much rain, and we have painted the external wall for the last time.
On top of finishing up paint work, the signage installation also progressed as planned.
The day was filled with feelings of relief.

090615_001.jpg


左は、3回塗り、右は2回塗り。
違いは歴然です。

The left was painted three times, the right twice.
The difference is obvious.

090615_002.jpg


両方とも3回塗りを終え、ペンキ塗りはようやく終了。
水性のペンキなのと、天気がいいのと、でペンキの乾燥は早かったです。

After we painted both sides three times, the paint work was finished.
Because the paint water based, and the weather was great, the painted wall dried in no time.

090615_003.jpg


いよいよ工事のトリ。サイン工事です。
テンプレートを取り付けるために、レベルをだしています。

Finally the big show of the construction - signage installation.
In order to locate the template, the installer used the level tool.

090615_004.jpg


テンプレートを養生テープで留めます。

Sticking the template down with masking tapes.

090615_005.jpg


下地を取り付けるために、穴をあけておきます。

In order locate the substrate, the installer used the template to drill holes first.

090615_006.jpg


アクリルのサインは各文字二枚で構成されています。
一枚目の下地を、壁にビスで留めていきます。

The acrylic signage pieces are composed of 2 of the same pieces for each letter.
Fixing the first pieces with screws on the wall.

090615_007.jpg


それから、二枚目のアクリルを、一枚目の上からボンドで留めていきます。
そうすると、一枚目のビスがこの二枚目で隠れて、見えなくなります。
物事の出来ていく過程を見ると、なるほど、と思う事がよくあります。
恐らく、建築家、と呼ばれる職業の人は、どうやったらこれはできるのかな、と常に考えていると思います。街で何かを凝視している人がいると、それは建築家かもしれませんね。あと、壁を叩いたりしている人なんかは、確実です。

Following that, the second pieces of the acrylic signage are fixed to the first pieces with bonding glue.
By doing so, the first pieces are covered by the second pieces, and the screws are now not directly visible.
By observing the process of making and installing, a lot of times we think to ourselves: "I see!"
I believe that people called themselves "architects" are constantly thinking about how things get made and get put together. When you see people on the street staring at something, they may very well be architects. And if you see people knocking on walls, it is almost certain that they are architects.

090615_008.jpg


完成です。
達成感、があることがこの職業の魅力です。
途中苦労も多いですが、それも、この瞬間を迎えると、全てはいい思い出。
あとは、この建築が、何十年も存在していき、町並みの一部として、景観に寄与していく事を願うのみです。今日はビールも美味いだろうな。

明日からは、このプロジェクトのおさらい+他のプロジェクトの裏側を紹介していきます。
お楽しみに。

Completion.
The sense of achievement is the biggest charm of this profession.
In the process there are always a lot of hard work, but when we reach this moment of completion, all the hard work transforms into good memories.
And hopefully, this piece of architecture will stay here for the few decades, and contribute to the streetscape as part of this township. I think today's beer after work will taste fantastic!

From tomorrow, there will be summary for this project + inside story of other projects. Look forward to seeing you back here.
スレッドテーマ [ ライフ … 家づくり日記 ]
06/15 23:58 | 現場 | CM:0 | TB:1
template design by takamu
Copyright © 2006 facetstudio All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。